読書の備忘録

天然工房・林拓郎が何を読んだか、どうだったか、忘れないように記録します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「虐殺器官」「ハーモニー」/伊藤計劃
久々に深く沈んでいくような小説だった…僕はこういう理屈っぽいのが好きなんだな。

あらすじ(虐殺器官)
9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?

あらすじ(ハーモニー)
21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見る―『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。第30回日本SF大賞受賞、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門受賞作。


「虐殺器官」が近未来のお話で、さらにその未来が「ハーモニー」という繋がり。
「虐殺器官」読んだときはもう完全に「メタルギアソリッドだ!」としか思えず、あまり楽しめませんでした。
しかしこの理屈っぽい感じが好きで、「ハーモニー」を読んだら、これがすごい。

生命主義と言われるほど「健康」が横行している時代、先進国に暮らす人は体内にナノマシンの入れ、常に自分の体をコントロールされ、苦痛や病気にさらされる前に自動的に回復するという世界。街ゆく人がみな同じような体型をして、酒も煙草も身体に害なすものは駆逐されている。そして人類進化は最後の局面をむかえる…

作者の伊藤さんは既に亡くなっています。癌の病床でこの2編を書き上げたそうです。
どちらの作品も「痛みを無くす」というモチーフが出てくるのは、伊藤さんがどれほどの苦痛を味わっていたのか、ということの裏返しなんじゃないかと思う。
でも作中で登場人物たちは、「痛み」を否定的にとらない。それが生きているあかしだと。それを忘れてしまった世界の悲しさを描いています。

「虐殺の器官」とは何なのか。人類が調和した世界(ハーモニー)に生きるために捨てたものは何か。
心からお勧めします。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る



ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
(2010/12/08)
伊藤 計劃

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。