読書の備忘録

天然工房・林拓郎が何を読んだか、どうだったか、忘れないように記録します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
病院でのいろいろその3(完結編)
女医さんからズボンを脱げと言われて動揺する僕。
どこまで脱げばいいのだろう…
とりあえずズボンだけを脱いでみると「じゃあ横になって下さい」と言われたのでこれが正解だったよう。
ベッドに寝た僕の太股あたりを指で押さえ、血管を探し始める。
ちょっとずつ押さえた指を上にあげていき、血管をたどるようにしています。
僕は足から血を採るというその事実にびくびくしていました。

結局、採血は大して痛くありませんでした。腕に注射するのとおんなじくらい。チクっとするだけ。
検査はこれにて終了。採血(腕)→レントゲン→CTスキャン→採血(足)という流れでした。

診断結果は、肺炎(と思われる)。
断言できないのは夜間救急診療に行ったため、呼吸器科のお医者さんがいなかったためです。
しかもその日が日曜日で次の日も祝日だったため呼吸器科は明後日まで無いと。
それまでとりあえず入院しましょうと言われたんですが、すぐ治療してくれるならともかく、ただ呼吸器科を受けられるまで入院、というのはちょっと嫌だなと思い、勘弁してくれませんかとお願いしたら、入院は勘弁してくれました。

一度飲んだら1週間効く抗生物質(すげえ!)とその他もろもろのお薬をもらって実家に帰り、ばったりと倒れていたわけです。
みなさまもお気をつけください。肺炎こわい。

最近、咳のしすぎで肋骨がおかしくなりましたが、それはまた別のお話。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。